スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

キプール

2010/12/12 Sun 11:58



【キプール】

2000年/イスラエル・フランス・イタリア

監督 : アモス・ギタイ
脚本 : アモス・ギタイ、マリー=ジョゼ・サンセルム
撮影 : レナート・ベルタ
出演 : リオン・レヴォ、トメル・ルソ、ヨラム・ハダフ


【“ヨム・キプール"ユダヤ教贖罪の日、イスラエルにシリア・エジプト両軍が侵攻し、第4次中東戦争が勃発。救助部隊に加わった青年たちは、ヘリコプターで病院と戦地を何度も行き来し、負傷者を運び出し、見込みのない者をその場に置き去りにするという過酷な毎日を送る。】


主人公が閑散とした街を歩いている、中古の自家用車で友人と話しながら戦場へ向かう。劇的に戦争に引きずり込むのではなく、ごくありふれた日常の中に戦争があるということを改めて気付かされる。
恋人と過ごしていた場所の先には戦地があり、死傷した兵士たちがいる。
ただひたすらに負傷兵たちを看護し、担ぎ出し、ヘリコプターで運ぶ、その繰り返し。いくら繰り返しても終わりが見えない。隊員たちからは表情が消えていく。彼らの拭い去ることが出来ない疲労が痛いほど伝わり、観ている自分まで体験している気持ちになる既視感は戦闘シーンばかりの映画では決して味わえない。
疲れ果てた体を引きずり、気力だけでぬかるみの中、一緒に救出作業をしている気分。
何だかぐったりとして虚ろにになってしまう。怒りや悲しさなんかじゃなく、空しさばかりが心に残る。それが戦争なのかもしれない。
派手なアクションに焦点を絞っていたり、ヒロイックな主人公の戦争映画には嫌悪感があったりするけれど、この作品に出てくるのは普通の人々で、淡々と戦場での任務を黙々と続ける。妙な感情移入をさせず、現実感を持って戦争というものを伝えてくる。
あからさまに敵の姿を見せたり、背景や状況を説明したりすることが一切ない、ドラマを必要とせず、映し出される出来事のみで戦争そのもの、戦争に関わった人々のやりきれなさを感じて呆然とした。
ヘリコプターの音がまだ頭の中で鳴り響いていて、何だか体がだるい。

アモス・ギタイ自身の実体験に基づき、「具体的な出来事を簡潔に示すことで戦争賛美を避ける」

追伸 : ビデオ版の予告編がヒドイ・・・唖然!

trailer




ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
外国映画 か行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。