スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ペルシャ猫を誰も知らない

2010/11/18 Thu 15:36




【ペルシャ猫を誰も知らない】
公式サイト

2009年/イラン

監督 : バフマン・ゴバディ
出演 : ネガル・シャガキ アシュカン・クーシャンネジャード ハメッド・ベーダード

第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 特別賞受賞

【 西洋的な文化が厳しく規制されているイラン。当局の目をかいくぐって音楽活動をするネガルとアシュカンは、演奏許可がおりない母国を離れ、海外で公演を行うことを夢見ている。首都テヘランを舞台に若者たちの音楽への情熱と自由への希求を描く。】


テヘランの現状が垣間見れるとあれば観たくなります。@ユーロスペース
主人公二人が渡英するまでの17日間という限られた時間、イスラム文化指導省無許可の為、ゲリラ的に撮影を敢行。という作品なので、丁寧に作り込まれたものでは無く、不安定で雑だけれど、手持ちカメラで焦燥して疾走して、迫真性が増す。
音楽や映画にまで厳格に封建的な規制がなされているイランで、過酷な状況を悲観的に捉え、深刻的に伝えるのではなく、ユーモアを交えて軽妙、通報されても逮捕されても決してへこたれないミュージシャン達のたくましさに魅かれる。
反体制とか反骨精神だとかを声高に叫んでいる訳ではなく、ただ純粋に好きな音楽をしたい、聴きたいという若者たち。その情熱にこそ心を動かされる。無邪気で微笑ましかったり。
極めて健康的なことだと思う。危険を犯してまでもアンダーグラウンドで音楽活動を続ける。どれだけ執拗に取り締まったとしても若者たちの表現することへの渇望を止めることは出来ないだろうな。
前向きな青春映画で終わらせないラストは「帰国すれば逮捕されるか、二度と出国できないか」と言う祖国に帰れない、理不尽な不自由さを強いられた監督や出演したミュージシャン達の厳しい現実を表しているかのよう。
監督自身がレコーディングスタジオで歌っているシーンやミュージシャン達の演奏を余すところなく撮るということが、国を追われてまでも伝えたかったことのような気がした。

監督の婚約者がニュースで見たことのあるロクサナ・サベリだったとは、ビックリ。

Trailer
ネガルとアシュカンのTake it easy hospital




ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
外国映画 は行 | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 予告編を見て興味をひかれたので、イラン映画『ペルシャ猫を誰も知らない』を見に渋谷のユーロスペースに行ってきました。 (1)映画は、ポップ・ミュージックが厳しく規制されているイランにおける若者たちの音楽活動を、ヴィヴィッドに描き出しています。  ネガルとそ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。