スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ぐるりのこと。

2010/06/18 Fri 18:12



【ぐるりのこと。】
公式サイト

2008年/日本

監督・脚本 : 橋口亮輔
出演 : 木村多江 リリー・フランキー 倍賞美津子 寺島進 安藤玉恵 八嶋智人 寺田農 柄本明

【1993年、何事にもにもきちんとしなければ気がすまない妻と法廷画家の夫は平凡で幸せな夫婦だったが、子供の死をきっかけに、妻は精神の均衡を少しずつ崩していく。決して離れることのないふたりの絆を描く。】


ごく普通のどこにでもいるような夫婦の10年。とても自然なやりとりは、まるで私達の日常。すぐ隣にありそう。
カレンダーやキッチンのシンク、捨てられた育児書等を見るだけでその状況や意味する所を理解する。
静かにゆっくりと壊れていき、突如として湧き上がる感情を抑えきれなくなる描写は現実感がある。
10年という歳月の中で起きた、異常な凶悪事件の数々。それは遠くの出来事、テレビの中の事件ではなく、実際に今自分達がいるここで起きていて、被害者にも加害者にもなる得る。
大切だと思う人ときちんと関わろうとする事が短絡的であったり、自己本位であったりする世の中で大事だという事を優しく伝えてくれているよう。簡単なのになぜか難しい。 
カナオの人と接する時の距離感がすごく良い。過去の経験からか法廷画家という職業のおかげなのか。妻に対しても決して逃げる事無く、見守り続ける。時間をかけ、しっかり向き合って、ゆるぎ無い関係を築き上げていく。 
深刻な題材のようだけれど、ちりばめられた笑いのおかげで嫌な重たさを感じない。
手をつないで寝そべりたくなるよ。

何だかしあわせな気分。寄り添って生きるっていいな。結婚したくなる。って既婚でした。お互いが翔子タイプなので、順番にカナオになろうかと思います。
 

Trailer




ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
日本映画 か行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。