スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ブロークン・フラワーズ

2010/03/11 Thu 09:29



【ブロークン・フラワーズ 】

2005年/アメリカ

監督・脚本 : ジム・ジャームッシュ
出演 : ビル・マーレイ ジェフリー・ライト シャロン・ストーン フランセス・コンロイ ジェシカ・ラング  ティルダ・スウィントン  ジュリー・デルピー  マーク・ウェバー  クロエ・セヴィニー


【気ままな独身生活を送っている中年男のドンのもとに、「あなたと別れて20年。息子は19歳。あなたの子です」と書かれた差出人不明の手紙が届く。お節介な隣人ウィンストンに促され、可能性のある4人の女性を訪ねる為、アメリカ大陸横断の旅に出る・・・。】

2005年 カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリ受賞


掴み所のない、ビル・マーレイの泣き笑い顔に動き。滑稽でいて哀愁漂う、不思議な魅力。そりゃモテるわ。チャーミング。
意味深長なピンクをポイントとした色彩の構成が、すごく巧みなバランス。
多くの事を説明しなくても仔細な描写で、それぞれの人となりや過去の関係を示唆している。
ほんのちょっとした仕草やインテリアの細部等、自然と目に入り、それぞれの過去・現在を勝手に想像してしまう。
過去と向き合うことで、時間の経過を把握し、現在を見つめることが出来る。 困り顔で抜け殻だった元ドン・ファンも、お付き合いしていた女性達の現在を気まずく覗き、いるかも知れない息子への気持ちも相まって、今を生きる事になるのかな。
ベテラン女優が次から次へと大迫力。何とも言えない音楽もドンにぴったり。     

最後に出てきたのはビル・マーレイの実の息子なんだって。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
外国映画 は行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。