スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アメリカ,家族のいる風景

2010/03/05 Fri 00:12



【アメリカ,家族のいる風景】
公式サイト

2005年/ドイツ・アメリカ

監督 : ヴィム・ヴェンダース
脚本 : サム・シェパード
出演 : サム・シェパード ジェシカ・ラング ティム・ロス ガブリエル・マン サラ・ポーリー

【落ち目の西部劇スター、ハワードは、突然撮影現場を飛び出し、30年ぶりに音信不通の母の所へ向かう。そこで自分に子供がいるという事実を聞かされ、子供を探し出す為、モンタナ州ビートの町へと車を走らせる・・・】


「Don't Come Knocking」本当はノックしに来て欲しい人たち。
得てして情けない男に女性は弱い。生まれ持つ母性本能の故か。何故か憎めない。不器用な初老の男。
登場する女性は母親、元恋人、娘?なのだけれど、恨みつらみを言うでもない、温かな眼差し。息子の反発もまぁまぁ可愛いもの。
「外の世界はあまり好きではない・・・」というサターの言葉に自分を重ねてしまい、感情移入をそこにするかと我ながら思いつつ。
何だか清々しい気分で観終わった。眩しい程の青空。快晴。で両手を広げちゃうと言うより、曇ってんだか晴れてんだかよく分からんけど何か突き抜けるような空。気分が良い。
とても美しい映像を観るだけでもうっとり。最後のアメリカ。キレイにまとめたのでは。

余談 : 疎い私は、サム・シェパードとジェシカ・ラングが長年のパートナーという事を今更、知りました。ビックリ。後々、三木聡とふせえりが夫婦と知った時と同様に「へぇー。お似合い!」と思ったもんです。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
外国映画 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。