スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

色即ぜねれいしょん

2010/02/02 Tue 14:30

色即ぜねれいしょん

【色即ぜねれいしょん】
公式サイト

2009年/日本

原作 : みうらじゅん
監督 : 田口トモロヲ
脚本 : 向井康介
音楽 : 大友良英
出演 : 渡辺大知 峯田和伸 岸田繁 堀ちえみ リリー・フランキー 臼田あさ美 石橋杏奈 森岡龍 森田直幸


【僕の名前は乾純。京都の仏教系男子校に通う高校一年生。ボブ・ディランに憧れてる僕は、ロックな生き方を目指してるけど、学校では文科系は肩身が狭いし、家では優しすぎる両親が心配してくれてるし・・・ロックとは程遠い平凡で退屈な日々に悶々としていた。】


ブロンソンズですよ。勿論、舞台挨拶へ行く。理系男子を連れて。
様々なタイプの青春映画が次から次へと出てくる中で(グミチョコとかないッスとかヤンキーやスポーツでは決してない)、食傷気味になったりしないのが不思議。妙にノスタルジックにさせたり、無闇に劇的にしないからいい。
どなたか文科系女子のも作ってください。男子の方が馬鹿馬鹿しくって滑稽で愛らしくって画になるか。女子の方が痛々しいかも。同じ位、充分すぎる程まぬけでしたが。
常に中流をいってしまっている私としては、普通であることへの葛藤に共感。純の両親は自分の父母と少し重なる。出演者がとっても魅力的。
学校と家という、狭い限られたコミュニティの中だけで生活をする学生時代に、面白い大人に出会えたというのは、すごく幸せなことだと思う。いいな。羨ましい。
青春とは不器用で恥ずかしいもの(今尚、変わらずですが)。思い出すだけで顔が真っ赤になるようなあんなことや忘れたフリしたくなるようなこんなことだらけ。それでいいんやでーと言ってくれているよう。むずがゆくて愛おしい。
オリーブ可愛い。純も可愛い。「たーびにーでてーみーよおー」と下手くそに口ずさんでしまう。

思わず、ユースホステルの会員になり、みうらじゅんイラスト入り会員証を手に入れてしまいました。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!


スポンサーサイト
日本映画 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。