スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

僕の心の奥の文法

2010/12/19 Sun 06:36



【僕の心の奥の文法】

2010年/イスラエル

監督 : ニル・ベルグマン
脚本 : ニル・ベルグマン
撮影 : ビニヤミン・ニムロッド・チラム
出演 : ロイ・エルスベルグ、オルリ・ジルベルシャッツ、イェフダ・アルマゴール、エヴリン・カプルン


【1960年初頭のイスラエル。第三次中東戦争前の一時的に平和な時期、ホロコーストの生き残りである父親と母親、好戦的な新世代の若者の中で孤立し、成長することをやめてしまう少年アハロン。思春期の心の揺れを寓話的に描く。】


ニル・ベルグマン監督とオルリ・ジルベルシャッツが登壇。 @第23回東京国際映画祭
この作品を観ている内に、十人十色とはいえ、子どもたちがおおよそ足並みを揃えるようにして成長していくことが何だか不思議に思えてくる。集団の中で行動をするということや慣例、環境なんかがそうさせていくのかな。
「おとなはだれも、はじめは子どもだった。しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。」という星の王子様にあった言葉を思い出す。
インテリ風の女性宅へこっそりと忍び込み、そこで見つけた今まで主人公の周囲には無かった芸術というものに触れていくけれど、子どもの遊び、秘密の隠れ家に最適の場所だっただけに過ぎないのではと思う。しかし、雑然としつつも皆が同一の方向へ進もうとしている時代の中で、ひょんないたずら心から足を踏み入れた場所が、アハロンの感受性を強くさせたのかも知れない。
頑なに成長することを拒んだのではなく、その繊細さによって、戸惑い、傷ついていている。かなり不器用ながらも家族はそれぞれにアハロンのことを思いやっていて何とも辛い。
英語の現在進行形(ヘブライ語には現在、過去、未来のみで現在進行形は無いそう)を「泡の中にいるみたい」と子どものままでいる自分に重ね合わせて、子ども時代のいたずらや約束をひとりで続ける映像がファンタジックで、居住地は雑多でありながら、その少し先にはまだ手付かずで壮大に広がっている風景たちがそれを助長。「アハロイング」って。

原作はデイヴィッド・グロスマンの小説「Intimate Grammar」

余談 : 同伴していたジルベルシャッツ(憧れのハスキーボイス)のお嬢さんが、パシャパシャ写真を撮りまくってて可愛らしかった。微笑ましい!

trailer




ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン


スポンサーサイト
外国映画 は行 | コメント(0) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。