スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

赤んぼ少女

2010/06/28 Mon 18:01



【赤んぼ少女】

2008年/日本

原作 : 楳図かずお
監督 : 山口雄大
出演 : 水沢奈子浅野温子 、 野口五郎 、 斎藤工 、 堀部圭亮 、 生田悦子 、 板尾創路


【孤児院で育った葉子は、生家である南条家に引き取られる事になった。森に囲まれた広大な敷地に佇む洋館、初めて会う両親との新生活。やがて彼女は屋敷の異常さに気付き始める。そこにはタマミという、もう一人の南条家の娘がいたのだった・・・】


アグレッシブ タマミ @京都みなみ会館
異形に生まれてしまったが為に背負わなければならなかった深い哀しみ。自分の人生を呪うと共に美しい少女への嫉妬が増幅していく。タマミだってそんな宿命に翻弄されているのだ。とやりきれない思いで胸苦しくなったはずなのですが・・・。
映画と原作はまた別のものとして観た方が楽しめるように思う。原作への思い入れが強い場合は特に。
簡単に殺戮しすぎ。飛んだり跳ねたり大暴れ、言葉を発せなく、残虐に振舞うタマミはまるでチャッキー。これじゃただの化け物やん!と思わず、力なく笑ってしまう。スプラッター。
もの言わぬタマミでは、姿は赤んぼだけれど中身は乙女であるが故の悲愴感が存分に伝わってこないのかも。タマミだって王子様に憧れる、夢見る少女なのです。
出来れば、もっとどうしようもない哀切や心理的な恐怖を滲み出して欲しかったな。
出演者全員が劇画タッチで、昭和の洋館がすごく似合うのが良い。演技も少し大袈裟な位が丁度よい。意味深長な表情が絶妙。
闇、雨、雷、古い洋館、井戸、浅野温子。恐怖をそそるものは映画館で観る方がよいなと思いました。

追伸 : 思わず「タマミボーロ」を購入。タマミは赤ちゃんじゃないよ。乳ボーロ美味しい。


Trailer
楳図さん



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
日本映画 あ行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。