スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告



【あの夏の子供たち 原題 : Le Père de mes enfants】
公式サイト

2009年/フランス

監督・脚本 : ミア・ハンセン=ラブ
出演 : キアラ・カゼッリ、ルイ=ドー・ド・ランクザン、アリス・ド・ランクザン、アリス・ゴーティエ

カンヌ国際映画祭2009 ≪ある視点部門≫審査員特別賞受賞

【映画プロデューサーとして精力的に働き、家に帰れば妻と3人の娘たち家族を愛する魅力にあふれ、周囲の信頼も厚かった父は、不況の波の中、自ら命を絶ってしまう。残されたのは、多額の借金と未完成の映画だけだった・・・。】


ミア・ハンセン=ラブ監督来日、トークショーあり。 @フランス映画祭
生ハンセンラブ目当てに観に行く。
父親、母親、娘たちと、視点が変わり、主人公がごく自然に変化していくことで、大切な人の死という暗くただ悲劇的な物語にならず、喪失からの再生(悲しみを乗り越える家族、成長する娘たち)というだけの話でもない、繋がっていく人生の一片を観た気持ちになる。
単純なセンチメンタリズムに陥らせないからこそ、余韻に浸ることが出来るのかも知れない。
家族への愛情と映画への愛情をとても優しく温かくみつめることが出来る。
"ケ・セラ・セラ "っていい曲だなぁと改めて思う。明るく前向きでもなく、ひねて後ろ向きでもない、流れに身を任せてというよりも全てを受け止めて。正に人生は諸行無常。決して軽やかではない。
バカンスを楽しんだ眩しい日差しの夏から、何だか物悲しくなるような少し寂しい、夏の終わりに向けての季節というのもまた心に残る。旅先であるトスカーナ地方の風景(ノスタルジアに出てきた場所の近くだそう)が美しく、幼い姉妹がとても愛らしい。服装も可愛すぎる。

余談 : ミア・ハンセン=ラブのパートナーはオリヴィエ・アサイヤス(前妻マギー・チャン)。昨年1児をもうけたそう。綺麗で聡明なママやなぁ。 
「人生は非常に多様である。だからこそ、励まされるんだ。」(エリック・ロメール)その境地にいきつきたいです。

Trailer

「Que Sera Sera」



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト
外国映画 あ行 | コメント(2) | トラックバック(1)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。