スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

花と兵隊

2010/03/01 Mon 00:08



【花と兵隊】
公式サイト

2009年/日本

監督 : 松林要樹
出演 : 中野弥一郎 古山十郎 藤田松吉 伊波廣泰 花岡稔 坂井勇

【タイと旧ビルマの国境付近で敗戦を迎えた後、祖国に還らなかった6名の“未帰還兵”を描いたドキュメンタリー。なぜ彼らは日本に還らなかったのか・・・】


壮絶な体験は容易に想像出来るものではない。「言えない事がある」という言葉に物凄く沢山の話せない、話したくない惨状を浮かび上がらす。インパール戦線に従事していた方もいた。
必死に生きた。生きる為には何でもしなければならなかったのだろう。多くは語らないからこそ観ている方は色々考えさせられる。
一生の伴侶となる人に出会え、家族に囲まれ、今では穏やかに幸せに暮らしているように見える人の心の中にも常に、戦時中の体験が暗く影を落とす。
自責の念に苦しめられたりもする。800体もの遺骨を一人で集め、慰霊碑を建てる気持ちとは。
ただ救いがあるのは、給水ポンプの開発、車の修理、医療従事、中国語を生かし、華僑として暮らす等それぞれ自らの技術を持って地域社会に溶け込み、何より「花」と出会えた事。
故郷というものは、根差している場所の事なのだと思った。
異国に残るという決断をしたのではなく、生活を続けていく内に、最終的に「帰らない」という事になったのかな。奥さんの明るさにぐっときた。素敵な奥さん達やなぁ。

戦争について、変に押し付けがましくなく、じっくり考えられるのはドキュメンタリーだからこそ。淡々と語られる姿が全て。戦争映画は英雄的な要素が強いものが多かったり、美化したものがあったり、よくわからなくさせ、懸念を抱いてしまうので・・・ 



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!


スポンサーサイト
日本映画 は行 | コメント(0) | トラックバック(0)

パッチギ!

2010/01/26 Tue 11:32



【パッチギ!】
公式サイト

2004年/日本

監督 : 井筒和幸
音楽 : 加藤和彦
出演 : 塩谷瞬  高岡蒼佑 沢尻エリカ 楊原京子 真木よう子 オダギリジョー

【1968年。京都にある府立東高校2年生の松山康介は、常日頃から争い事の絶えない朝鮮高校にサッカーの練習試合を申し込むことになった。そこで康介は音楽室でフルートを奏でていた少女・キョンジャに一目惚れする。キョンジャの兄アンソンは同校の番長であった。】


同僚が「2回観に行った」と言っていて、えー、それなら観なきゃと急いで行った。オダギリみたさというミーハー心も後押しして。
デリケートな問題を深く掘り下げるような内容というより、大袈裟なほど真っ直ぐに突っ走る若者達の青春映画。やたらドタバタでギラギラ熱い感じだけれど、何となく露骨な印象をやんわりさせるのはフォーク・クルセダーズの曲のおかげかな。ついつい口ずさみたくなってしまう。
若い俳優さん達が物凄く一生懸命な感じが前面に出ていて、青春やなぁと。眩しいね。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


日本映画 は行 | コメント(2) | トラックバック(0)

パプリカ

2010/01/18 Mon 12:00




【パプリカ】
公式サイト

2006年/日本

原作 : 筒井康隆
監督 : 今敏
脚本 : 今敏 水上清資
キャラクターデザイン・作画監督 : 安藤雅司
美術監督 : 池信孝
音楽 : 平沢進
アニメーション制作 : マッドハウス
出演(声) : 林原めぐみ 江守徹 堀勝之祐 古谷徹 大塚明夫


【夢に入り込んで患者の治療を行う装置“DCミニ”が盗まれる。それを悪用して他人の夢に強制介入し、悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。】


やっと観れたね。
平沢進に筒井康隆。で今敏。そらええわ。
少しおしいと言うかもうちょっと!もう!と思ったり(期待できると過剰に求めてしまう。でも意図してそうしてるんやろな。まとまりいい。)したにも関わらず充分満足。カバー出来得る要素がたくさんあった。良い!って気持ちの方が断然上回る。勿論音楽良い。
混沌とした夢を具現化した奇天烈パレードに気持ちが高揚。

余談 : 随分昔、高校生の時('92か'93頃)に初めてP-MODELを観に行った。周りは落ち着いた大人ばっかりで緊張しつつ。当時、色々なものを観に行っていたけれど、間違いなくもっとも心うずかされたライブで暫く放心状態。帰ってから音源を借りてずーっと聞いていた。周りに興味ある人いなかったし。この頃から自分の趣味をよっぽど親しい人以外には聞かれても言わないという性質が出来上がったのかも。
どっちでも構わないのだけれど、平沢さんはゲイだと思われていたが、ゲイではないそうです。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking


日本映画 は行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。