スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ニンゲン合格

2010/07/05 Mon 10:38



【ニンゲン合格】

1998年/日本

監督・脚本: 黒沢清
出演 : 西島秀俊、 役所広司、 菅田俊、 りりィ、 麻生久美子、哀川翔、 洞口依子、 大杉漣


【14歳で事故に遭い、10年間昏睡状態だった吉井豊。ある日、目覚めると家族は崩壊していた。彼の元に現れたのは父親の友人・藤森と事故の加害者だけだった。】


内面は14歳のままでいる少年の現実感の無さ。心ここにあらず、というような飄々とした豊の話し方が独特の浮遊感を助長。淡々としているようだけれど、いつか壊れてしまうのではないかという、異様な緊迫感を常に持ち合わせている。
10年間でそれぞれ別の生き方を歩んで、疎らになった家族。家族再生、ポニー牧場繁盛では終わらせない。家族とは絶対的な存在であるはずなのに希薄であったりもする。けれど完全に断ち切れるものではなく、どこかしらは繋がっている。ただあるもの。現代的な家族の捉え方なのかも知れない。
離婚、不法投棄、新興宗教、加害者側からの逆恨み。病院、かつて住んでいた家、トラック、街並み、背景全てが何とも空虚でまるで静止しているかのような無機質な印象であるのも含め、寓話のようなのに胸騒ぎするほど現実的。
「そろそろ目、覚まさないと」と言わせたのが事故の加害者であるというのもすごく皮肉。ようやく豊は現実を認識したのかな。
ふっと笑わせる場面が多々あり、妙に可笑しい。枝雀さんの「緊張の緩和理論」みたい。
「ちゃんと存在した?」 昏睡状態になった事の無い私ですら思うときがある。

余談 : 哀川翔、チンピラとかゼブラーマンよりこういう役の方がすごく似合う気がする。「哀川」て苗字、何か哀愁漂っているみたいで、かっこいい!


Trailer
枝雀さん



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
日本映画 な行 | コメント(0) | トラックバック(0)

南極料理人

2010/05/07 Fri 08:28



【南極料理人】
公式サイト

2009年/日本

監督・脚本 : 沖田修一
原作 : 西村淳
音楽 : 阿部義晴
出演 : 堺雅人生瀬勝久、きたろう、高良健吾、豊原功補、西田尚美、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛、小野花梨、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作

【ある日突然、西村は南極ドームふじ基地に派遣される。ペンギンやアザラシはおろか、ウィルスさえ生存できない極寒の地では、楽しみと言えば食べること。彼に課せられた任務は、南極観測隊員として派遣された7人の仲間のために毎日食事を作ることだった。】


非日常を舞台としているので、大袈裟でドラマチックな展開や一方向のメッセージを押し付けることなんかは簡単なのだろうけれど、そういうのが一切無いところが、快い。そうさせないところがニクい。一つ一つのエピソードにくすっとさせられ、終始くすぐられている感じ。
それぞれの挿話が振り切った感じではなく、ふわっと打ち上げた感じなので自然に観続けていられる。ずっと観ていたい感覚。
密室劇に大切な間が心地よい。掛け合いの間。言葉を発する時の表情や間。「僕が僕であるために」を最後まで歌わせないところとか、コント出身の監督なのかと思ったけれど、そうでは無いようです。
そんなに主張していないようなのに、それぞれの個性が嫌味なく、不思議と発揮されていく。家族みたい。
誰かと食べるご飯は美味しいな。美味しいご飯を食べることは、この上なく、幸せなことだと最近痛感しております。ほっこり。ラーメン食べたい。飯島さんのおにぎりを食べてみたい。

余談 : 今年のシティボーイズでは沖田修一監督の作品が上映されるそう。Film noirなんだって。コントしないのかな。とにかく良い席取れたので楽しみ。

Trailer




ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!

日本映画 な行 | コメント(0) | トラックバック(0)

寝ずの番

2010/03/09 Tue 09:24



【寝ずの番】
公式サイト

2005年/日本

原作 : 中島らも
監督 : マキノ雅彦
脚本 : 大森寿美男
出演 : 中井貴一 木村佳乃 堺 正章 笹野高史 岸部一徳 長門裕之 富司純子


【 稀代の噺家で上方落語界の重鎮である笑満亭橋鶴は、臨終の時を迎えようとしていた。弟子たちが見守る中、いまわの願いを叶えようと聞くが、呆気に取られる珍妙な答えが返ってきた。】


おばちゃん、おばちゃん夫婦多数。ビールとアテ(=つまみ)持参率高し。@シネフェスタ。賑やか。さながら演芸場。とにかくよう笑う笑う。
お酒を飲み過ぎたのか、おばちゃん途中で退場(おそらくお手洗い) し、戻ってくるとおじちゃん小声で「オモロかったのに~」と席を外していた際にスクリーンの中で起きた出来事をごにょごにょ。
微笑ましいやりとり。ほんわかする。
もう少し、可笑しさの中に深みのある悲哀みたいなものも垣間見たかったかな。
お嬢さんが気になる。女優さんやったのね。
以前、通勤ラッシュ時に電車の中でこの小説を読んでいた時、周りの人に内容が見えないように隠し持って読書したのを思い出した。

昔の噺家さんの逸話って、色々物凄いものがあるけれど、やはり芸に秀でた人だからこそやなぁと感心します。逸話集とか読んでみたい。





ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

Sony Music Shop

HMVジャパン 落語

日本映画 な行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。