スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

青春残酷物語

2010/12/07 Tue 09:50



【青春残酷物語】

1960年/日本

監督 : 大島渚
出演 : 桑野みゆき、 川津祐介、 久我美子、 浜村純、 氏家慎子、 佐藤慶


【見ず知らずの中年男を誘い、車で送らせていた女子高生の真琴。男にホテルへ連れ込まれそうになっていた彼女を助けた大学生の清と出会い、欲望のままに行動する2人が次第に堕落していく・・・。】


社会全体が不穏で、安保闘争や学生紛争が盛んだった時期に撮られた作品。
「ノンポリの学生を描いているけれど、感覚は全学連と全く通底している」との事で、心の中にある思いや感情は同じで、向かった矛先が違うだけ。
夢など持てない若者が満たされない思いを社会への反発、怒りとしてぶちまける。
愚かに見えるかも知れないけれど、心のくすぶりを建設中である街中の音やデモの様子、夜の闇が後押しする。
ぶっきらぼうで終始無表情な清が、踊っている時や海辺に二人でいる時にふと見せる笑顔をみて、あ、生きているんだなと思った。清自身は美人局をしている時に生を実感したのかもしれないけれど。
泳げない真琴を執拗に海へ突き落とし、必死で浮き上がろうとしている彼女と清の足元だけを写す、じりじりとした場面が印象的。
常に受身だった真琴が、どんどんたくましく見えてくる。   
真琴の姉たちは学生運動に挫折し、敗北した世代として対照的に出てくる。
姉の元恋人が自嘲気味に話す、やさぐれ感ときたら。全く落とし前をつけることが出来ていない。
「どうする?」「どうしよう」「何する?」「何しよう」自分を道具や売り物にせずに生きていくという術がみつからず、行き着く先はここしかない・・・か。   日本ヌーヴェルヴァーグ

余談 : ワンカットで撮られた、やりきれないような恨むような表情でりんごを丸々かじり終えるまでを映した圧巻のシーンを観て、ふと真似したくなったけれど、歯科医院に通い中なので6等分にナイフで切り、フォークをさして食べました。ただりんご食べたかっただけ?





ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
日本映画 さ行 | コメント(2) | トラックバック(0)

酒井家のしあわせ

2010/03/29 Mon 09:29




【酒井家のしあわせ】
公式サイト

2006年/日本

監督・脚本 : 呉美保
音楽 : 山崎まさよし
出演 : 森田直幸友近ユースケ・サンタマリア 、 鍋本凪々美 、 三浦誠己 、 濱田マリ 、 谷村美月 、 笑福亭仁鶴 、 洞口依子 、 高知東生 、 本上まなみ 、 赤井英和

【関西の田舎町に住む酒井家。母親、義理の父親、父親違いの妹と暮らす、中学2年生の次雄は、少々複雑な家庭環境を煩わしく感じていた。そんなある日、父親が突然家を出てしまう。その理由は好きな男が出来たから・・・。】


都会から少し離れた住宅地にある建売一軒家。生活感が前面に出た部屋の作りやインテリア。家族の何気ない会話や同級生とのやり取りがごく日常のありふれた光景のようで、とても身近に感じる。
突拍子も無いような展開なのに、そう感じさせないのは出演者の方々の力量故なのかな。あり得ないのにありそうに思う。
思春期特有のナイーブな葛藤丸出しで、決して擦れていない次雄はすごく説得力があって、すっかり引き込まれる。
家族に対する気まずくて、でも必要でという気持ちや笑うこと(声に出して)の大切さを改めて感じた。後味良い。

終始、ユースケみたいな旦那が欲しいな。ええわぁ。としつこく思いました。そして、強くて温かい母親は理想的。まるでおかん。はまっていた。


Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking

TSUTAYA online

日本映画 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0)

色即ぜねれいしょん

2010/02/02 Tue 14:30

色即ぜねれいしょん

【色即ぜねれいしょん】
公式サイト

2009年/日本

原作 : みうらじゅん
監督 : 田口トモロヲ
脚本 : 向井康介
音楽 : 大友良英
出演 : 渡辺大知 峯田和伸 岸田繁 堀ちえみ リリー・フランキー 臼田あさ美 石橋杏奈 森岡龍 森田直幸


【僕の名前は乾純。京都の仏教系男子校に通う高校一年生。ボブ・ディランに憧れてる僕は、ロックな生き方を目指してるけど、学校では文科系は肩身が狭いし、家では優しすぎる両親が心配してくれてるし・・・ロックとは程遠い平凡で退屈な日々に悶々としていた。】


ブロンソンズですよ。勿論、舞台挨拶へ行く。理系男子を連れて。
様々なタイプの青春映画が次から次へと出てくる中で(グミチョコとかないッスとかヤンキーやスポーツでは決してない)、食傷気味になったりしないのが不思議。妙にノスタルジックにさせたり、無闇に劇的にしないからいい。
どなたか文科系女子のも作ってください。男子の方が馬鹿馬鹿しくって滑稽で愛らしくって画になるか。女子の方が痛々しいかも。同じ位、充分すぎる程まぬけでしたが。
常に中流をいってしまっている私としては、普通であることへの葛藤に共感。純の両親は自分の父母と少し重なる。出演者がとっても魅力的。
学校と家という、狭い限られたコミュニティの中だけで生活をする学生時代に、面白い大人に出会えたというのは、すごく幸せなことだと思う。いいな。羨ましい。
青春とは不器用で恥ずかしいもの(今尚、変わらずですが)。思い出すだけで顔が真っ赤になるようなあんなことや忘れたフリしたくなるようなこんなことだらけ。それでいいんやでーと言ってくれているよう。むずがゆくて愛おしい。
オリーブ可愛い。純も可愛い。「たーびにーでてーみーよおー」と下手くそに口ずさんでしまう。

思わず、ユースホステルの会員になり、みうらじゅんイラスト入り会員証を手に入れてしまいました。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!


日本映画 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0)

シベリア超特急5

2010/01/05 Tue 14:17




【シベリア超特急5 義経の怨霊、超特急に舞う】
水野晴郎事務所

2004年/日本

監督・脚本:MIKE MIZUNO
出演 : 水野晴郎 西田和昭 片岡愛之助 片岡進之介 西条三恵 中野良子 岡田真澄 ガッツ石松 佐藤允 淡島千景 光本幸子 ニコラス・ペタス 大槻ケンヂ

【第4作。山下陸軍大将は、満州里につくまでの7日間に、義経伝説にまつわる秘宝の地図を手に入れるよう命じられ、シベリア超特急へ乗り込む。】


初ホクテンザ。今の所、最初で最後。強引な設定や持っていき方はさすが!理解不能てか理解不要!もっともっと伸び伸びともっともっと無理やりにしてしまって欲しい!少し小さくまとまった?いやはや水野流アクション?!もちろん次作完結編?も見逃せない。万里の長城!で階段落ち!
NG集にほんわかし、役者さんの大熱演に複雑な気分。「ラストのどんでん返し?は誰にも言わないでください」って特に誰も言う人いないのですが・・・。

映画って本当に素晴らしいですね。6まで作って完結して欲しかったです。本当に残念です。





ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

HMVジャパン

日本映画 さ行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。