スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


【リミッツ・オブ・コントロール】
公式サイト

2008年/スペイン・アメリカ・日本

監督・脚本 : ジム・ジャームッシュ
出演 : イザック・ド・バンコレ  アレックス・デスカス ジャン=フランソワ・ステヴナン ルイス・トサル パス・デ・ラ・ウエルタ  ディルダ・スウィントン  ガエル・ガルシア・ベルナル


【名もなき孤独な男は、ただ任務の遂行だけを目指し、スペインのさまざまな街を巡る。ありのままの現実と、夢のなかを彷徨うかの様な非現実が交錯する。】


あらゆる情報を省いて、観客の想像力に委ねる。「NO LIMITS, NO CONTOROL」作り手の支配(意図する事の押し付け)を超え、自由な解釈をという感じなのか。何か丸投げのような気もする。
ルール(エスプレッソ2つ、禁欲、太極拳等笑いの要素でもある?)に基づいて、寡黙にただ仕事をしているらしき主人公。
哲学的な言葉や抽象的な表現を何かの記号として捉えようとしてみたり、伏線なのかと考えてみたり、勝手にさせられてしまう。で、実は大して意図する所なんか無かったりして?と訝ってしまう。
意味有り気な事象の繋ぎ合わせだけやったりして。
自分こそ偉大だと思う男=アメリカ人でアンチテーゼ?中心も端も無いので、中心にいようとする者を排除?そもそも、中心も無いという事で物語にも核となるものが無かったりして。 
美術館で観る絵に合わせた登場人物が表れるというのとか面白い。遊び心。
映像はカーウァイ作品でお馴染みのクリストファー・ドイルだからこその、幻想世界を漂う心地よい感覚なのかな。

「無情な大河を下りながら もはや船引きの導きを感じなくなった」天才少年詩人ランボーの詩は今尚、引用されるけれど15歳~19歳位の作品とは驚きです。その後、アフリカで武器商人になったっていうのがすごいね。



Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
外国映画 ら行 | コメント(0) | トラックバック(0)

Ray/レイ

2010/01/06 Wed 15:55




【Ray/レイ】
レイ・チャールズ

2004年/アメリカ

監督 :テイラー・ハックフォード
出演 :ジェイミー・フォックス ケリー・ワシントン シャロン・ウォレン レジーナ・キング アーンジャニュー・エリス クリフトン・パウエル

【故・レイ・チャールズの半生。ジョージア州の貧しい家庭で生まれ、7歳のときに緑内障で視力を失う。才能が認められ、スターとなり家庭を築くも、麻薬と女遊びに溺れてしまう。】


ジェイミー・フォックスがアカデミー主演男優賞を取った翌日、しかも映画の日(1000円の日)に劇場へ足を運んだので、超満員!話が進むにつれ、隣の隣の人が音楽にあわせ激しく足でリズムを刻みだし、すすり泣く。あともう少しで立ち上がって踊りだしたはず・・・。おしい!
すっかりノリうつってたね。音楽には一瞬で人の心をもっていってしまう力があるね。





ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!


外国映画 ら行 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。