スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

欲望

2011/01/09 Sun 02:04



【欲望 BLOW-UP】

1966年/イギリス・イタリア

監督 : ミケランジェロ・アントニオーニ
脚本 : ミケランジェロ・アントニオーニ、トニーノ・グエッラ、エドワード・ボンド
撮影 : カルロ・ディ・パルマ
音楽 : ハービー・ハンコック
出演 : ヴァネッサ・レッドグレーヴ、デビッド・ヘミングス、サラ・マイルズ


【若くして人気写真家となったトーマスは、公園で逢引をしている男女を撮影する。ネガを譲ってくれと家まで押しかける女に代償としてヌードを撮らせてもらい、別のネガを渡す。本物を現像すると、そこには逢引相手と思われる男の死体らしきものが写っていた。】


ジェフ・ベックとジミー・ペイジがツインギターで「ヤードバーズ」というバンドをやっていたこともシーナ&ザ・ロケッツの名曲「レモンティー」がカバーだったことも知りませんでした。ビックリ。

60年代のロンドンという時代を映し出しているけれど、色褪せて見えないのは成功者であろう主人公がどこか虚無的で心ない様子だからなのかな。
華やかなモデル達や街中の喧騒にまぎれることによって、空虚さが浮き彫りになり、スウィンギング・ロンドンの只中、悠々自適なはずの彼だけが妙に希薄な感じがする。何だか空っぽ。
カメラマンとしての彼が、労働者に成りすまし撮った写真、公園の訳ありカップルの写真、当時の最先端であろうファッションのスタジオ撮影や本当に欲しているとは思えない骨董品のプロペラ、ライブ会場で奪い合ったギターネック等々、全てに興味があるようで全てどうでもよくなってしまう。
しまいには、仮構の世界と現実社会が入り乱れ、本当に実在するものは何なのかわからなくなる。
そもそも殺人が実際にあったのかどうかすらも。
童顔、甘いマスクでいけ好かない雰囲気のデヴィッド・ヘミングスが消費社会の申し子とでもいうような佇まいでピッタリ。
ジェーン・バーキンと一緒にいたギリアン・ヒルズがとても可愛い。

追伸 : アントニオーニとベルイマンが同日(2007年7月30日)に亡くなったのには驚いた。

trailer
あっさり捨てられてしまうよ!Yardbirds Scene




ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking




スポンサーサイト
外国映画 や行 | コメント(1) | トラックバック(1)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。