スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


【マラドーナ 原題: Maradona by Kusturica】
公式サイト

2008年/スペイン・仏 合作

監督 : エミール・クストリッツァ
出演 : ディエゴ・アルマンド・マラドーナエミール・クストリッツァ、マラドーナ・ファミリー、マヌ・チャオ、カストロ将軍

【 アルゼンチンの英雄としてその名を轟かせ、「神の子」と呼ばれた伝説のサッカー選手、マラドーナの激動の半生に、数々の映画賞に輝く名匠エミール・クストリッツァが迫る。】


サッカーに詳しくないけれど、マラドーナの名前は知っています。@シアターN
とはいえ、神の手ゴール、5人抜き、麻薬中毒、激太り、数々の暴言等、断片的にメディアで面白おかしく取り上げられていたのを見たことがある程度だったので、とにかく超人的な人なんだろうなという印象しかなかった。
貧困街でサッカー選手になることだけを夢見た少年が歩む未曾有の人生。
ナポリでの市民による半狂乱の大歓迎等、どれほど人々を魅了し、どれだけ人々の希望となっているかがうかがい知れる。紛れもない英雄。
W杯イングランド戦で、爆弾ではなくサッカーで勝利したというのはかっこよ過ぎる。
チェ・ゲバラ、カストロに傾倒し、彼らのタトゥーを入れ、反米集会にはウゴ・チャベスと同席したりと政治的活動を行う。やや荒唐無稽だけれどもマラドーナだから許される。反骨精神に溢れ、人間味溢れ過ぎる、人懐っこく、ちょっと気まぐれで精力的な革命家。
ドキュメンタリーの中にも、起承転結をつけて、最後に大きな感動を持ってくるという手法のものがあるけれど、マラドーナにはドラマティックな見せ場など作る必要が無い。存在自体が破天荒で劇的なのだから散漫なままノースモーキングオーケストラに飛び入りして、大団円で充分。
時代の反逆児同士。クストリッツァによるマラドーナへの愛がたくさん詰まった作品。

所々挿入されるアニメーションにピストルズの「God Save the Queen」ぴったりの曲かも知れないけれど、あまりにも有名で安直な感じが・・・

余談 : "マラドーナ教"、悪ふざけ(ユーモア)かと思っていたら実際にあるとのこと。大変興味深い。
Kustendorf Film and Music Festival 行きたい。 Kustendorf 行きたい。


Trailer

カンヌにマラドーナ



ブログランキング・にほんブログ村へ

blogram投票ボタン

FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト
外国映画 ま行 | コメント(2) | トラックバック(0)

マッチポイント

2010/03/04 Thu 11:36



【マッチポイント】
公式サイト

2005年/イギリス

監督 脚本 : ウディ・アレン
出演 : ジョナサン・リース・マイヤーズ  スカーレット・ヨハンソン エミリー・モティマー

【テニスインストラクターのクリスが上流階級の青年トムと意気投合し、彼の妹クロエと結婚。上流階級の仲間入りを果たしたが官能的なアメリカ人女性ノラとの情事におぼれ・・・。目に見えない“運“に翻弄されていく。】


ニューヨーク以外です。コメディじゃないよ。
間抜けな阿呆男は運だけが良い。謙虚そうな雰囲気であれよあれよと周りに押し上げられる所が小憎らしい。真の策略家?
クロエも可愛いけれど、ノラ(ヨハンソン、今やすっかりウディアレンのミューズ)の美しさったら。妖艶過ぎる。真っ白なお洋服がとてもよく似合う。官能的!残念な事に、だんだんとその妖しさは失われてしまうのだけれど・・・。
「罪と罰」をさりげなく読んだりして。主人公にはラスコーリニコフ程の苦悩を垣間見る事ができなかったけれど、決して晴れ晴れとしない曇った表情がその先を物語っているのかしら。
テンポの良さと細かなユーモアの詰め込み方はさすが。スマート。よく出来た話。とても巧妙。オペラについて詳しくないので、曲の意味とかを知っていたらもっと面白かっただろうな。分からなくても十分に楽しめる内容でしたが。 キャビアは一度断ってから頂こう。ビキューナってどんなだろう?

ボールがネットの上に当たった瞬間、ボールがどちらに落ちるか・・・。勝敗は運が決め人生はコントロールできない― 。不条理。緊張感漂う。


Trailer



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2 Blog Ranking



外国映画 ま行 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。